ウーマン

タトゥー隠しをして悩みをシャットアウト!心配御無用です

浸透力の高さを活かせる

コスメ

保湿ケアも意識しておく

化粧水は肌の水分を補い、調子を整えてくれる上、美容液などの浸透力を高める働きも持っています。自分に合った化粧水を正しく選ぶことで肌質の改善やメイク効果の上昇が望めます。基本的に化粧水は美容液に比べて美容成分は少な目ですが、浸透力は水分に近いため非常に高く、この特性を活かして美容成分を肌の奥深くに届けるタイプのものが近年は人気です。中でもappsと呼ばれる美容成分はエイジングケアの効果も高いため、基礎化粧品にも広く使われています。apps配合の化粧水をメイクに取り入れる場合、より高い美容効果を得るために意識したいポイントが複数あります。まず1つ目に化粧水のapps配合量に注意しておくことです。ビタミンC誘導体の一種であるappsは、化粧品における濃度で1%以上配合されているのが望ましいとされています。クリニックで使われているものだと5%程度の濃度のものも存在します。濃度が不明な場合、全成分表示で上位に表示されているかどうかも目安です。また2つ目のポイントに、保湿ケアを同時に行うことも重要です。その理由として、appsはビタミンCと同様に肌の乾燥を招く性質があるためです。セラミドやヒアルロン酸などが配合されたapps化粧水を用いることで、肌荒れなどを抑えて肌質改善やメイク効果の向上を期待できます。最後に3つ目のポイントとして、appsは変質しやすい成分のため、短期間で使い切りやすいものや直前に混ぜ合わせて使うセパレートタイプの化粧水を選ぶのも理想的です。